HOME > コラム-アメーバ経営- > 経営理念の重要性

コラム-アメーバ経営-

経営理念の重要性

「経営理念とは」
 どの企業様でも、「経営理念」を掲げておられると思いますが、意外やその捉え方が違う場合があります。私共では、「経営理念」とは、経営の目的を示すものであると捉えています。つまり、何のために経営をするのかという、いわば企業の存在価値を見出す根本が「経営理念」だと解釈しているのです。そして、この内容により従業員のモチベーションも変わると考えております。
 しかし、実際にはその企業における「目的」や「手段」、「信条」などが入り混じり「経営理念」の定義自体が曖昧になっている場合も多くあると思います。
 ですから、まず「経営理念」とは何かを知らしめなければ、単なる「絵に描いた餅」にしかなりません。次に、どのような言葉で「経営理念」を表現するかが大切なことだと思います。

京セラでは、経営理念の実現に向けて
 京セラの経営理念は、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類社会の進歩発展に貢献する」ですが、ただ単に「経営理念」を社員に徹底するだけでなく、何をもってこの理念を実現するのかという「経営の手段」、どのような心根で働くのかを示した「信条」、どのような考え方、すなわち判断基準を持てばよいのかを示した「経営哲学(京セラフィロソフィ)」を定め、全従業員に徹底を図ろうとしているのです。
 「経営理念」を徹底する際に大切なのは、その一言一句の持つ意味の明確化です。例えば、「全従業員」とは、「全社員」のみならず、事業に従事する方すべてを指します。「物心両面の幸福」とは、報酬という物の世界と、やり甲斐という心の世界の両立を指しています。また、「人類社会の進歩発展に貢献する」とは、自分達の努力が、世の中の進歩発展に役立つよう、片時も留まることなく、絶えず新しい物づくりをしていくという決意の表れなのです。
 そして、これらを実現していくために、各アメーバが創意工夫を凝らし経営活動を行っていくわけです。

大切なのは、
「経営理念実現のための考え方」

 経営の結果は、京セラ名誉会長の稲盛和夫が説く「考え方×熱意×能力」すなわち、「行動理論×行動の量×行動の質」で決まると私共は考えております。つまり、一瞬一瞬の判断の蓄積が業績に反映されると言っても過言ではないと思います。その判断基準が統合されているかどうかが、経営内容を左右すると言えます。
 創業以来、稲盛は「線の切れたレコードのごとく、分かるまで言い続けよ」と言ってまいりました。また、「どれだけ言えば分かるのだ」というセリフを禁句と言ってきました。弊社社長の森田も、「相手が分かるまで言い続けよ」と申し、弊社創業の頃は、「一致団結」という言葉を、何回も何回も言い続けておりました。さらに、これらの言葉は社内報へも掲載し、繰り返し繰り返し伝えておりました。
 このように、「合い言葉」をつくることがまず重要であると思います。そして、その言葉の持つ意味を明確にするということです。すなわち、「一致団結」とは、どのような意味なのか。どうすれば「一致団結できるのか」という考え方を文章化し、全従業員に徹底する習慣をつくることです。
 京セラでは、「経営理念実現のための考え方」(京セラフィロソフィ)を小冊子にし、それをどの部門でも必ず朝礼で輪読し、感想を述べ、上司からの指導を加え、徹底しようとしております。また、これらの経験を活かし、約4年前から各企業様へ、小冊子作成のプロセスを6ヶ月間に凝縮して「経営理念構築」のご支援をさせていただいております。

「経営理念の徹底」における留意点
 身体を鍛える場合には、例え本人が嫌がっても、強制して特訓すれば、筋力はつくでしょう。しかし、精神を鍛える、心を養う場合には、強制すれば身につかないということが言えます。すなわち、納得感がなければ、人は進んで受け入れようとはしないということです。そこで大切なことは、納得感が得られるような「経営理念」および、「経営理念実現のための考え方」を定めることではないかと思います。
 人は、人の役に立てることを歓びと感じます。つまり、「自己実現の欲求の充足」が幸せ実感のための重要な条件です。その条件を満たしていくためには、まずどのように考えればよいのか。例えば、「高い目標とは何か」という問いに対して多くの方は、「以前よりも高い目標」と答えられます。しかし、いくら以前よりも高いと言っても、その以前の状態が低ければ、周りから高い目標だとは認めてもらえません。従って、達成した時に「周りからよくやったね。素晴らしいね」と賞賛されるような目標が高い目標だと定義できるのではないかと思います。
 どのように受け止めるのかで、人は自ら持つ能力の発揮の仕方を変えられます。ですから、自らが持つ能力を精一杯発揮しようという気にさせるような導き方が大切です。
 アメーバ経営とは、小集団部門別採算制度のことを言います。その原点は、自分達の働きに歓びを感じる環境づくり、すなわち「自己実現の経営」だと言えます。
 何のために、こんな苦労をするのかという意義を知った時、人は苦労を苦労だと感じず、自ら苦労を買って出るものです。
 「アメーバ経営=採算表」だという誤認識をされる場合があります。また、その採算表の中身に自らの意志はなく、いわばノルマだと受けとめられていることもあります。それは完全な勘違いです。大切なのは、自らの幸せを実感できるようにしていくための道具が採算表であり、これだけ懸命に取り組んだ結果、成果を上げましたよという証しを数値化しようとしているのが採算表であるという認識です。これも、「経営理念」および「経営理念実現のための考え方」が正しく認識されれば、統合していけるものと信じております。


関連商品

筆者プロフィール

【画像】竹松 健治

常務取締役
エグゼクティブコンサルタント
竹松 健治 (Kenji Takematsu)
1984年京セラ入社。経営理念を共有化することで、全社員がベクトルを合わせることができる企業づくりのサポートを行う理念浸透プログラムや、京セラで実践されてきた社内研修をベースに、個々のもつ力が発揮できるよう支援を行う教育・研修・人財活性化プログラムを提供するエグゼクティブコンサルタント。


※出典:アメーバ経営倶楽部会員情報誌「アメーバ経営倶楽部」<合本>Vol.1-8
※記載情報は発行当時のものです。ご了承ください。