情報誌「アメーバ経営」2017年8月号(アメーバマネジメントレポート Vol.25)

情報誌「アメーバ経営」2017年8月号(アメーバマネジメントレポート Vol.25)

[特集]
アメーバ経営における創意工夫
-建設業界における創意工夫-

PART1
アメーバ経営に魂を込める
-京セラ会計学「採算向上の原則」の実践-

京セラ 名誉会長 稲盛 和夫
単に会計の制度を整備するだけでは、高収益企業にはなれない。
アメーバ経営を活用し、事業を伸ばすためにはどのような考え方が必要なのか。
会計の原理原則「京セラ会計学」をもとに稲盛和夫が紐解きます。

PART2
原価管理の徹底が可能にする完工基準での売上計上
~独自の奥田工務店メソッド~
株式会社奥田工務店
代表取締役社長 古谷 孝 氏
滋賀県内の建設業界におけるリーディングカンパニーとして発展を続ける奥田工務店がアメーバ経営を導入したのは2011年。2015年には「企業理念手帳」と作成し、フィロソフィの実践にも努めています。建設業の企業がアメーバ経営を取り入れるメリットはどこにあるのか、また月次採算を工事期間のアンマッチをどのようにとらえているのか。取り組みの秘策や成果についてうかがいました。

PART3
「チャレンジ」を可能にする仕組みとは?
-進行基準で全員参加を実現-

株式会社山口工務店
代表取締役 山口 毅 氏
1978年の創業以来、約40年に渡り、伊勢市を中心に地域の建設業として信頼を築いてきた山口工務店。同社がアメーバ経営を導入して5年が経ちました。どのように自社の経営と合わせながらアメーバ経営を活用されているのか、その取り組みや会社としてのメリットについてうかがいました。

PART4
業界の常識を乗り越えて
アメーバ経営×建設業のマッチングを図る

小柳建設株式会社
代表取締役社長 小柳 卓蔵 氏
アメーバ経営で会社の刷新を図ろうとしたとき立ちはだかったのは「建設業界は特殊だからアメーバ経営は適合しない」という幹部社員の認識でした。なかなか理解を得られない厳しい状況の中で、どのように会社の改革を進めたのか、そして小柳社長を突き動かした原動力は何だったのか、その取り組みを取材しました。

PART5
アメーバ経営の徹底で赤字体質を脱却
組織の潜在能力を引き出し、高い時間当り採算を実現

京セラコミュニケーションシステム株式会社
エンジニアリング事業本部
かつて業績不振に苦しんだ京セラコミュニケーションシステム株式会社のエンジニアリング事業。さまざまな努力と工夫を重ね、会社の屋台骨を支える事業本部へと変貌を遂げました。厳しい環境の中でどのようにして起死回生の変貌をなし得たのか、アメーバ経営の浸透により、社員の意識はどう変わったのか、その取り組みの軌跡を探ります。

-------------------------------------------------------------------------------

【実践企業レポート】
製造現場から巻き起こす意識改革~さらなる生産性向上を目指して~
株式会社ノーリツ
代表取締役社長 國井 総一郎 氏

創業以来、「湯まわり設備機器」のリーディングカンパニーとして成長を続けてきた株式会社ノーリツ。2020年に向け「世界で戦えるノーリツグループ」と定めたグループビジョンの実現に向けて取り組んだ方策の一つがアメーバ経営でした。導入後の様子を、現場(工場)とマネジメント(経営層)の双方からレポートします。

-------------------------------------------------------------------------------

アメーバCafe~私のおすすめ書籍~Vol.05
坂の上の雲

ザ・プロフェッショナル ―第5回―
判断基準はシンプルでプリミティブ
「嘘をいうな」「正直であれ」

学術探求
生きがいのあるルールをもとめて
「制度」としてのアメーバ経営研究
京都大学大学院経済学研究科教授
京都大学経営管理大学院教授
澤邉 紀生 氏

教えて!アメーバ経営Q&A ―第5回―
経営トップの心を伝える?経営哲学を浸透する効果的な方法とは?

先哲に学ぶアメーバ経営 ―第5回―
優れた人材を登用する―呉の司令官「呂蒙」の活躍に学ぶ―


職場で役立つコミュニケーション術
相手を知ることがコミュニケーションの第一歩

INFORMATION

学知利行
全員参加経営の実現にむけて

756円(税込) (本体価格:700円, 消費税:56円)

商品説明



「建設業界に学ぶ活用例」


日本の建設業界は人口減少による市場の縮小に加え、景気の影響を強く受ける、労働者不足、利益率が低いといった様々な課題を抱えています。本号の特集では、工期が長い、案件ごとの金額が大きい、季節変動が激しいなどの要因から、月次で安定した採算をとらえることが難しいとされる建設業界に着目し、各社が実践されている創意工夫から、アメーバ経営運営の活用例をご紹介します。

この商品を買った人は、こんな商品も買っています

情報誌「アメーバ経営」2017年2月号(アメーバマネジメントレポート Vol.23)

情報誌「アメーバ経営」2017年2月号(アメーバマネジメントレポート Vol.23)

756円

[特集]
平凡な仕事を光らせる-飲食業界に学ぶアメーバ経営徹底活用術-

「飲食業の7割は赤字という厳しい現実」
飲食業界の市場規模は、全体的に縮小傾向にあります。国内の消費低迷など厳しい経営環境が続く中、各社は生き残りをかけてさまざまな取り組みを進めています。京セラ名誉会長 稲盛和夫は、飲食業には経営に必要とされる全ての要素が含まれていると述べます。本特集では、飲食業界における業界転換などの施策とともに、フィロソフィとアメーバ経営の実践によって、地道な仕事を光らせている、各社の取り組みについてご紹介します。

商品詳細へ
アメーバマネジメントレポート Vol.16

アメーバマネジメントレポート Vol.16

756円

[特集]
アメーバ経営の進化

企業経営を支援し25年。
アメーバ経営は多くの業種、業態の企業様に導入いただき、今日までのあゆみの中で大きな「進化」を遂げてきました。企業経営においてアメーバ経営が果たしてきた役割や、これからのアメーバ経営について考えます。

商品詳細へ
アメーバマネジメントレポート Vol.7

アメーバマネジメントレポート Vol.7

756円

[特集]
現場力
―現場の力で生き残る―

日本企業に元気がありません。
お家芸のエレクトロニクス産業に往時の勢いはなく、韓国や中国、米国の企業に圧倒されつつあります。復権のカギは「現場力」ではないでしょうか?現場の力で企業間競争を生き残るヒントを探ります。

商品詳細へ

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。

ダイアリー・その他